毎週万馬券をお届け中!

週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【島川隆哉】オーナーにとって今週は勝負週。土日合計9頭の所属馬を出走させるなど「セレクトセールの資金をレース賞金で稼ごう」という思惑が見え隠れ。

もちろん、このハイランドピークも関係者が連勝を期待して送り込んできた1頭。函館ダート1700Mは勝っている舞台で、ハンデも前回から2キロ減る手頃な55キロ。再昇級でもこの相手なら力は互角以上。「前回が差す形の競馬と脚質に幅が出ましたが、今回は行く予定。スムーズならぶっちぎりまであるかも」と関係者。

対抗には【社台RH】の勝負馬ユラノトを推奨。セレクトセールには社台ファームの生産馬も多数上場を予定しており、ここで好走すれば“社台ファームの馬は走る”と好印象を与えられるというもの。函館開幕前に入厩して熱心に攻められて仕上がりは万全。「輸送も上手くクリアしてその後の気配は文句なし。先々へ向けて賞金を加算しておきたい」と関係者。



前走でも本命推奨し的中馬券をお届けしたのが【居城寿与】オーナーの勝負馬ゴールドブラッド。その前走では勝ち馬に3馬身半もの差をつけられてしまったが、直線でスムーズに抜け出した勝ち馬に対し、コチラはウチでゴチャつき、勝ち馬に前を塞がれ外に持ち出すロスがあってのもの。「前走は勝ち馬と斤量差もあったし、決してスムーズな競馬ではなかったからね。中1週でもデキはキープしているし、今回はキッチリ決める」と関係者。

対抗には【河合純二】オーナーの勝負馬ジュンスターホースを推奨。前走は逃げた馬がそのまま残る展開を、出遅れながら直線で猛然と追い込んでの3着。しかも、ひとクラス上での競馬。「前走をひと叩きして型通り良くなっている。500万に降級するここは取りこぼせない」と関係者。



【仲山誉志夫】オーナーの勝負馬ヨシオの勝機。逃げ切り勝ちを収めた前走の走破時計1分52秒1は、同開催のマーチSと同タイムという優秀さ。オープンへ昇級しても壁はなく「放牧でリフレッシュして気配は上々。小回り1700Mはベストだと思うし、スンナリ行ければ粘り込んでいい」と関係者。先行馬が少なく単騎逃げ濃厚な組み合わせとなったここは前走の再現も十分。

対抗には、2頭の持ち馬がともに土曜の函館へ出走する【三浦大輔】オーナーのリーゼントロックを推奨。前走は東京で大敗を喫したが「3歳時にトモを骨折した影響で左回りは合わなかった」と関係者。続けて「精神的にもドッシリしてきたし、小回りの右回りに替われば前走のようなことはない。流れに乗って運べればまだまだやれる」とキッパリ。



3回東京開催も今週がラストウィーク。次は10月まで開催がないだけに、今週の東京開催には『地元馬主絡み』の大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

東京ご当地馬主【多田信尊】オーナーの勝負馬マリームーンも、関係者がオーナーの地元開催で勝利を目指している1頭。「1枠1番からスタートがイマイチだった前走は、道中でバランスを崩すアクシデントが痛かった。それでも直線では一旦先頭のシーン。休み明けをひと叩きした上積みもあるし、オールダートで外枠を引けた今回は前進あるのみ」と関係者。

対抗には、看板馬の宝塚記念出走に合わせ大攻勢をかけている【サンデーR】の勝負馬シャープシューターを推奨。「中央出戻り緒戦でマークした勝ち時計は同日の1000万を上回る優秀なもの。前走も強すぎた勝ち馬には離されたが2着とはコンマ2秒の競馬。500万に降級する今回、最低でも2着は外せない」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【GIレーシング】にとって今週は勝負週。6月4日より受付がスタートした『2018年度募集馬』の販売促進の意味も含め、勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

【土曜函館10R】ではマスターコードが9人気で1着と穴をあけ、日曜は一挙9頭が出走するが、一番の目玉は文句なしにルヴァンスレーヴ。「最終追い切りでは稽古駆けする古馬に遅れたが、そもそも右回りのウッドでは動かない馬。前走時はもちろん、全日本2歳優駿を勝った時より状態は良い。このまま無事に育てはGIを狙える器。ここをキッチリ勝って出世街道を歩みたい」と関係者。

対抗には、コチラも【今週の注目馬主】に推奨している【金子真人】オーナーの勝負馬グレートタイムを推奨。「前走の2着は直前の乗り替わりが全て。レースを観ればどの馬が強かったかは一目瞭然。2走前の東京戦では連闘で体が減って力を出し切れなかったが、今回は臨戦過程も違うし勝ち負けになると思う」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【松岡隆雄】オーナーにとって今週は勝負週。土日合計7頭の所有馬が出走しているが、その中でも一番はサンライズノヴァだろう。ここ2走は58キロの酷量を背負って連続2着。スタートが悪く追い込み一辺倒だがその末脚は強烈。「東京で崩れたのは、初の古馬対戦で若さを出してしまった昨年の武蔵野Sのみ。府中のマイルは、ユニコーンS勝ちにフェブラリーSでも4着と、力をフルに発揮できる舞台。好調を維持しているし、今度こそまとめて差し切って欲しい」と関係者。



クラス再編成により、今週から3歳馬と降級4歳馬が入り混じっての競馬となるが、土曜は東西で5勝をマークと3歳馬の活躍が目立っていた。その中でも軽量の逃げ馬は特に有利。このような傾向も加味し、ここは【ヒダカBU】の勝負馬ボードウォークの逃げ切りに期待する。「まだ安心はできないが、気難しい面がかなり解消されてきた。それに、食べたものが実になって、体が増えてきているのもいい傾向。枠も枠だし、揉まれると嫌がるとこがあるので、今回は逃げてもらう予定」と関係者。



ここは【KTレーシング】の勝負馬トリオンフで仕方なし。2月の小倉で初重賞制覇を飾るとGIの大阪杯でも見せ場。瞬発力勝負となった前走の新潟大賞典4着も大健闘の部類。鞍上が今期1勝と不振にあえぐ松田であった事を考慮すれば尚更。別定56キロでルメールを配し、瞬発力よりは持久力が求められる阪神内回りの2000mが舞台となれば、無理に逆らう必要なし。「前走はハンデも見込まれたし、スローからヨーイドンの競馬では厳しかった。その後はここ目標に思い通りの調整ができた。展開も向きそうだし、まず大丈夫」と関係者。



先週のヴィクトリアMではジュールポレールがGI制覇。その勢いに乗じて今週 は土日合計13頭出しの大攻勢をかけている【G1レーシング】の勝負馬アドラメレク。休養前の戦績からも現級で は一枚上の能力の持ち主で「クラス再編成の 前にひとつ勝っておきたい」と関係者。

対抗には【猪熊広次】 オーナーの勝負馬ライデンバローズ を推奨。気性面の難しさはあるものの、ハイペースの差し馬を番手か ら粘り込んだ前走ひとつ取ってもポテンシャルの高さがハッキリ。今回は逃げ馬 を見ながら運べる組み合わせで「2、3番手 で競馬ができれば勝ち負けになっていい」という関係者の思惑通りの 展開となる可能性大。先行勢を競り落としたところを差すアドラメルクが迫って のワンツーが濃厚。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【杉澤光雄】 オーナーにとって今週は勝負週。看板馬ガンコの天皇賞出走に合わせ、在厩馬4 頭中3頭を日曜に集中出走させている。もちろん、このバリスも、関係者が連勝を期待している『GI裏』の大ヤ リ情報馬。「過去4戦4連対と左回りでは崩 れ知らず。特にこの舞台では3走前にモズアスコットとコンマ2秒差の競馬。ど んな展開にも対応できる強味があり、昇級のここでも互角に戦える」 と関係者。

対抗には、土曜の【1点勝負情報・東京12R】でアンティノ ウスを強力プッシュ。対抗に抜擢したサンキューとの1点勝負で【馬連740円 &三連単1万8520円】のダブル的中をお届けした関係者が大ヤリ情報を入手した 【サンデーR】の勝負馬リライアブルエース を推奨。「昇級戦の前走は使い詰 めの疲れでデキが下降線。レースでも終始外を回らされていた。放牧効果で馬は リフレッシュしているし、この枠からなら馬込みで脚をためる本来の競馬が見せ られる」と関係者。



8ヶ月振りだった前走でも確信の本命印を打ち、不動の対抗としたリヴェルティとの軸2頭マルチで【1万9190円的中】をお届けしたのが【サンデーR】の勝負馬アンティノウス。当時は最後の最後で失速してしまったものの、現級での能力上位を示すのには十分な内容。
坂路中心だった前回とは違い、今回はコースでシッカリ追えている。気性面を考えたら初の千四もプラスだし、イキナリから勝ち負けになる」と関係者。

対抗には【市川義美】オーナーの勝負馬サンキューを推奨。
初めてデムーロが乗った前走は、スタートで少し出遅れたが出ムチをくれて馬群に取り付くと、4角先頭からそのまま押し切る強い内容。デムーロが続けて乗ってくれるのも大きいし、関東馬相手なら昇級でも」と関係者。



ここは牡馬相手に揉まれてきた【日下部猛】オーナーの勝負馬マルカソレイユで順番の鞍。1週前の稽古 に跨った藤岡康Jも好感触。「以前より精神 的に落ち着きが出てきたのが大きい。牝馬限定のココは前走後から狙っていたレー スだし、スタートさえ決めれば、まず大丈夫」と関係者。

対 抗には、今週24頭出しと大攻勢をかけている【社台RH】の勝負馬デロングスターを推奨。「2着に3馬身半差をつけた前走は『強い』のひと言。 時計はまだまだ詰まるし、阪神も得意なので昇級でも」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【北所直人】オーナーにとって今週は勝負週。土日合計13頭出しの大攻勢をかけているが、このペイシャフェリシタは関係者が星勘定している1頭。「2走前にはナックビーナスとコンマ1秒差の競馬。ハンデも何故か53キロだし、ここは『勝って下さい』のレースでしょう」と関係者。

対抗には【ノルマンディTC】の勝負馬ディバインコードを推奨。今回が初めてのスプリント戦となるが「千四や千六で早目に先頭に立って気を抜いてしまうタイプなので、距離短縮は絶対に良いと思いますよ」と関係者。



前走で圧巻の差し切り勝ちを演じたのが【金子真人】オーナーの勝負馬アンコールプリュ。その後はひと息入れて立て直し、今年は予定どおりココから始動。「以前は食いが悪いところもあったが、帰厩後はシッカリ食べている。気持ちの面でも落ち着きが出て、強い稽古にもへこたれないようになってきた。いいバネがあって根性もあるので、桜花賞が楽しみになるような競馬を見せて欲しい」と関係者。

対抗には、オルフェーヴルやドリームジャーニーを兄に持ち、牝馬ながら総額4000万円で募集された【サンデーR】の勝負馬デルニエオールを推奨。今年の牝馬クラシック路線では、2歳女王ラッキーライラックを擁する【サンデーR】だが、関係者は「ゆくゆくはラッキーライラックに肉薄してくると思う」と大きな期待を寄せている。前走で2着馬に騎乗していたデムーロも「着差は僅かでも内容は完敗。あの馬はオーラがある」と素質を高く評価しており、アッサリがあっても驚けぬ。



前走後は余計なレースを挟まず、ここ1本を目標に調整され完璧に仕上がった【吉田勝己】オーナー名義の勝負馬ゴールドドリームの連覇に死角なし。「今週の稽古では坂路で49秒8の時計。手応えを見てもらえば分かるように、それを余裕の手応えで叩き出したのだから、力をつけている証拠。前走からゲート難を解消するためにプールを取り入れたのが正解。体も柔らかくなり全身を使って走れるようになった。府中では一度も崩れていないし、馬は昨年より強くなっているので、まず大丈夫でしょう」と、関係者も自信満々。奇しくも本日2月18日は父ゴールドアリュールの命日。フェブラリーS連覇が『父に捧ぐ金メダル』となる。

対抗には、前走の根岸Sで復活を遂げた【山田和正】オーナーの勝負馬ノンコノユメを推奨。「スランプに陥った時期もあったが、前走時には本来のうるささが戻っていた。さすがにレコード駆けのダメージがなかった訳ではないが、今では全く影響はなくデキは文句なし。斤量が1キロ軽くなるもの有利だし、外目の偶数枠を引けた今回はチャンスだと思う」と関係者。



看板馬テトラドラクマのクイーンC出走にあわせ、3日間合計で20頭出しの大攻勢をかけてきた【社台オーナーズ】の『重賞裏の大ヤリ情報馬』がランガディア。膝の骨折により、今回は10ヶ月振りの実戦になるが、フローレスマジック・ゴルゴバローズ・モルジアナと、同厩舎の上級馬相手に併せ馬を消化し態勢は整っている。「新馬で負かしたウインガナドルやホウオウパヒュームは、とっくにこのクラスを卒業。2勝目を上げたのが半年振りだったように久々を苦にしないし、ここは一発でクリアしてもらいたい」と関係者。

対抗には、東京ご当地馬主【新谷幸義】オーナーの勝負馬アオイシンゴを抜擢。「昨年の秋頃から急激に力をつけてきた。2ヶ月振りでも体はできているし、昇級でもこのメンバーなら互角以上に戦える」と関係者。



今年は3日連続重賞制覇と最高のスタートを切った【シルクR】先週終了時点で、収得賞金ランキングでも【サンデーR】と約1500万円差の2位につけている。

今週は土日合計14頭出しとなるが、もちろん一番の目玉は、総額7000万円で募集された期待のディープ産駒グローリーヴェイズ。中間も意欲的な攻めを消化しデキは文句なし。「新馬戦でタッグを組んだデムーロも『良馬場なら重賞でも勝負になる』と言ってくれているようだし、この頭数でこの相手なら」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【里見治】オーナーの勝負馬サトノフェイバーを推奨。スッとハナを奪いノーステッキのまま後続を3馬身突き放したデビュー戦が圧巻の内容。2週連続で稽古をつけている古川吉も自信満々の様子。「相変わらず稽古では抜群の動き。逃げなくても大丈夫な馬だけと、このメンバーなら単騎で行ってそのままでしょう」と関係者。



いよいよ今週からは、待望の超ドル箱・東京開催がスタート。その開幕週には、勝利を義務づけられて出走する『地元馬主絡み』の勝負馬が多数スタンバイしている。

東京ご当地馬主【猪熊広次】オーナーの勝負馬ラムセスバローズも、関係者がオーナーのご当地開催で勝利を期待している1頭。「ダート替わりの前走が思っていたとおりの強さ。放牧効果で馬も成長しているし、昇級でも互角以上に戦える」と関係者。

対抗には【ローレルR】の勝負馬ダンケシェーンを推奨。「前走は勝つには勝ったが、ソエが出ていて状態は決して良くなかった。今回はそれも治まって良い状態。ココを勝ってヒヤシンスSに向かいたい」と関係者。



『1点勝負会員』の皆様に提供した【土曜の中山7R】では『菊沢師&横山典』の義兄弟コンビが、差す競馬をジックリ教え込んできたフェリーチェに確信の本命印。不動の対抗に推したタマモアモーレとの決着で【馬連720円&3単1万1980円】の完全的中をお届け。

そして、そのコンビが、土曜以上の確信度で重賞勝ちを目指すのが、中山ご当地馬主【野田みづき】オーナーの勝負馬ミッキースワロー。今回と同じ舞台で行われた昨年のセントライト記念では、皐月賞馬アルアインを並ぶ間もなく差し切って重賞制覇。「菊花賞の時はセントライト記念を勝った反動もあり仕上げに苦労したが、今回は何もかもが順調そのもの。まず勝てると思うよ」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬で、先週のパフォーマプロミス同様に、鞍上にデムーロを迎え初重賞制覇を目指すダンビュライトを推奨。「前走を勝ってココは当初からの予定どおり。今週の併せ馬では遅れたが、相手は稽古駆けするサンライズノヴァなので仕方ない。ミッキーと1キロの斤量差がある今回は負けられない」と、関係者も同世代のライバルに対抗心剥き出し。

週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【ロードHC】にとって今週は勝負週。土日合計で10頭の所属馬が出走しており、日曜の京都にはロードアルペジオ(8R)やシグナライズ(10R)などの確勝級もスタンバイしているが、一番の目玉はロードヴァンドール。前走で初めて騎乗した横山典から「次はもっと長いところを使った方がいい」との進言があり、ココへの出走が決まった裏事情。絶好枠を引き当て単騎ミエミエのココは逃げ切り濃厚。

対抗には【サンデーR】の勝負馬パフォーマプロミスを推奨。「遅咲きの血が漸く開花してきた。どんなコースにもどんな展開にも対応できるし、このハンデなら重賞でも楽しみ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【野田順弘&野田みづき】オーナーにとって今週は勝負週。夫婦合計15頭の所有馬を送り込み、土曜の阪神メインでは【野田みづき】オーナーの勝負馬で【今週の注目馬主】のコーナーでも『B推奨』していたミッキーラブソング(9人気・単勝25.4倍)が激戦を制したが、日曜は【野田順弘】オーナーの勝負馬ダノンプレミアムが人気に応える番。「不安と言えば不安材料がないことくらい」と関係者もキッパリ。Hペースを2番手追走からそのまま押し切った前走が圧巻の強さ。他馬とは完成度が違い過ぎる。

対抗には、注目馬主に推奨していた先週の阪神JFにてラッキーライラックとリリーノーブルが見事にワンツーフィニッシュ。今週も土日合計29頭出しと、収得賞金ランキング1位奪還を目指しラストスパートをかけている【サンデーR】の勝負馬ステルヴィオを推奨。「前走ではホボ完璧な内容だったダノンプレミアムに対し、コチラは他馬と接触するなどロスの多い競馬。状態がいい事は稽古の動きを見れば分かるとおり。スムーズに運べれば逆転まで」と関係者。



スワンSのサングレーザーにはじまり、ア共和国杯のスワーヴリチャードに、エ女王杯のモズカッチャン、そして先週のマイルCSではペルシアンナイトと、古馬混合重賞を勝ちまくっている『強い3歳世代』の頂点に立つのがダービー馬レイデオロ

その日本ダービーでは【キャロットF】がルメールの為に、ダービー当日の芝のレースに3頭の『馬場読み要因』を用意していた裏事情を公開し本命推奨。対抗に抜擢したスワーヴリチャードとの決着で【1万1870円的中】をお届けしたが、当時と同じようにジャパンC当日には【キャロットF】がルメールの為に2頭の『馬場読み要因』を用意するなど、エピファネイヤ以来3年振りとなるジャパンC制覇に抜かりなし。「スタートを決めて楽に先行し菊花賞馬を寄せつけなかった神戸新聞杯が、春からの確かな成長を感じさせる好内容。中間は反動もなく順調にきているし、ダービーと同じかそれ以上に自信がある」と関係者。

当然、キタサンブラックは強敵。出遅れながら内からスルスルとポジションを上げると直線入り口では早くも先頭。必死の形相で迫るMデムーロ騎乗のサトノクラウンを、涼しい顔で退け天皇賞春秋制覇を果たした前走は強い内容。良馬場になろうが距離が延びようが、キタサンにとってもマイナス材料ではなく、天皇賞組の逆転は考えづらい。しかし、レイデオロとキタサンの馬連は今朝方の段階で5倍強。これでは触手が動かない。

そこで、対抗には『大魔神』こと【佐々木主浩】オーナーの勝負馬シュヴァルグランを抜擢。春の疲れが取れずにア共和国杯から始動し大外枠から3着に健闘したのが昨年のジャパンC。今年は、予定どおり京都大賞典から始動し願ってもない最内枠をゲット。「条件的には何もかもが昨年以上。今年の最大目標だったレースに向けて最高の舞台が整った」と関係者。気になるのはMデムーロからボウマンへの乗り替わりだが、1週前の稽古にMデムーロが跨っている事からも分かるように、当人が即決したエ女王杯のモズカッチャンや、マイルCSのペルシアンナイトとは違い、今回に関しては当人の希望だけではなく、大人の事情が絡んでのもの。騎乗するボウマンにとっても、このジャパンCは『ワールドベストジョッキー優勝のかかった大事な一戦』であり、モチベーションは誰よりも高い。「特にクセのある馬ではないし、直前の稽古に乗って感触も確かめて貰ったので不安はない」と関係者。

お時間に余裕のある方は、オッズをギリギリまで見極め『枠連1-1』での購入もご検討下さい。



「買い」情報を配信して欲しいメールアドレスを入力し、【情報無料入手】のボタンを押して下さい。