毎週1点的中をお届け!

初心者でも、経験豊富な方でも、1点で馬券を買うことは、やろうと思えば誰でもできます。

的中した際の回収率が破格なので、ご自身でも1点に絞って買いたくなる時があるでしょうし、様々な情報会社から『1点勝負』の誘惑があるかも知れませんが、ハッキリと申し上げます。

【馬主の1点勝負情報】に
便乗した方が
何倍も当たって儲かる筈です。

その理由は簡単。馬主の立場を考えてみて下さい。

  • 馬主は、
    電話一本で関係者から真の情報を集められます。
  • 馬主は、
    権力を駆使して情報を集め堂々と馬券を買えます。
  • 馬主の中には、
    調教師や騎手を思い通りに動かすこともできる
    人物さえいます。
  • 馬主の中には、
    マスコミに圧力をかけ
    印を動かすこともでる人物さえいます。
  • 馬主の中には、
    JRAに対して影響力を持つ人物さえいます。

これだけの状況が揃っていれば「的中が大前提」と言えるような1点勝負情報があっても何ら不思議はありません。

その証拠に、馬主情報を専門に扱う【トップシークレット】では、ホボ毎週、1点勝負で会員の皆様に的中馬券をお届けしています。

週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬サートゥルナーリアに死角なし。一部ではホープフルSからブッツケというローテや、馬なり主体の調整内容に疑問の声も上がっているが、関係者は「ホープフルSが7割だとすれば、今回は間違いなくそれ以上のデキ。兄のエピファネイアとリオンディーズは気性的な心配が常にあったが、この馬はそういう面での不安もない。前走で輸送もコースも経験したので、余計なレースを使う必要がなかっただけで、中間にアクシデントや調整遅れがあってブッツケになったのではなく、予定どおりのローテ。ハッキリ言えば、ここも通過点だと思っているし、伝説を作れる馬になって欲しい」と強気一辺倒。

対抗には、若駒S&若葉Sとリステッド競走を連勝しここへ駒を進めてきた【金子真人】オーナーの勝負馬ヴェロックスを推奨。内回りの2000mで連勝しているように、最大の武器はその機動力。また、前につけて粘り込む戦法は鞍上の川田ともベストマッチ。若駒Sでマークした時計は、あのディープインパクトを上回るもの。「まだ仕掛けてからスッと反応できないようなところもあり、本当に良くなるのはこれからだと思うが、エンジンが掛かってからの走りには大物感がある。揉まれこんだりした時に一抹の不安はあるが、川田ならそんな乗り方はしないだろうし、自信を持って積極的に乗ってくれれば、好勝負になると思う」と関係者。



前走でヘグった鮫島駿をクビにし、距離短縮+ルメール起用。GIデーのご当地開催で勝ちに来ているのが、京都ご当地馬主【ノースヒルズ】の大ヤリ情報馬メラナイト。「前走は、まともなら2着はあった競馬。これまでは先々を考えて千四を使ってきたが、恐らく千二がベストだと思う。直線で行き場をなくすような事さえなければ、まず大丈夫」と関係者。

対抗には【猪熊広次】オーナーの勝負馬パンサーバローズを推奨。「長期休養明けを叩きつづ確実に良化。500万は既に勝っているクラスだし京都とも好相性。デムーロさえシッカリ乗ってくれれば、勝ち負けは間違いないところ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【ダノックス】の勝負馬ダノングレースに確信の本命印。【馬連1点1370円的中】をお届けした先週の福島民放杯でレッドローゼズを本命推奨した際にも触れたように『国枝厩舎&蛯名騎手』のコンビが、2週連続福島メイン制覇を狙っているうちの1頭。「4歳になって2連勝と本格化。十分に乗り込んできたので2ヶ月振りでもキッチリ仕上がっている。目下の充実振りでこの相手なら重賞でもイキナリから勝負になる」と関係者。中山牝馬S勝ちのフロンテアクイーンを温存した国枝厩舎にとっても、デンコウアンジュでなくこちらを選んだ蛯名騎手にとっても、ここは取りこぼせない一戦。

対抗には、悲願の重賞制覇へ意欲を見せる【サンデーR】の勝負馬フローレスマジックを推奨。「前走は気合乗りが悪くチークを着用。いつもより早目に動く競馬で5着と見せ場は作った。ひと叩きの効果で状態は間違いなく前走以上。ジョッキーも2度目だし、メンバー的にも今回はチャンスでしょう」と関係者。



来週の福島牝馬Sにダノングレースで参戦予定の『国枝&蛯名』コンビが、2週連続福島メイン制覇を狙って送り込んでいる【東京HR】の勝負馬レッドローゼスに確信の本命印。「中間に馬体が減ることがなくなり心身ともに充実期。前走でオープンにもメドを立てているし、良馬場なら好勝負になる」と関係者。

対抗には【広尾レース】の勝負馬クレッシェンドラヴを推奨。「追い切りの動きを見れば分かるように馬は絶好調。前走が力で捻じ伏せる強い勝ち方だったし、54キロのハンデなら昇級でもイキナリから」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬イシュトヴァーンに確信の本命印。「2ヶ月振りの実戦で体は増えているが、以前は520キロくらいで走っていた馬なので全く問題ない。前走は最内枠スタートから行き脚がつかず、初めて揉まれる厳しい競馬。それを克服しての勝利だけに価値がある。これまで3戦3勝と休み明けも苦にしないタイプだし、まだまだ伸びしろもあるので昇級でもイキナリから」と関係者。

対抗には、黒船賞から中8日での参戦となる【日進牧場】の勝負馬キングズガードを抜擢。「過去11戦10連対と阪神のダート千四は最も得意な舞台。58キロのハンデも背負いなれているので気にならない。8歳でも馬は元気一杯で、ある程度流れてくれれば十分に出番はある」と関係者。



前走の菊花賞でも本命推奨。対抗に抜擢したユーキャンスマイルとの『軸2頭マルチ』で【10万0590円的中】をお届けしたのが【GリビエールR】の勝負馬エタリオウ。「菊花賞は勝ちにいった分のハナ差負け。その後は無理せずJCや有馬記念を見送って年明けに備えてきた。器用さがなく中山の2500m向きとは言えないが、何せ1勝馬なので、ここは取りこぼしたくない。休み明けだろうが、適性外だろうが、このメンバー相手に負けていられない」と関係者。

対抗には、ブリンカーを外して前走の日経新春杯9着から巻き返しを誓っている【松本好雄】オーナーの勝負馬メイショウテッコンを推奨。「前走は状態も本物でなかったし、出遅れて途中から上がっていく不本意な競馬。今回は中間の調整も順調で状態面は雲泥の差。スタートを決めてロスなく運べば勝ち負けになると思う」と関係者。



ここは、知る人ぞ知る阪神ご当地馬主【五影慶則】オーナーの勝負馬ランスオブプラーナの逃げ切り濃厚。「前走があまりにも楽な競馬だったので、疲れは全くなく馬は元気一杯。恐らく2着では皐月賞出走は厳しいので、何としても絶好枠を生かして逃げ切って欲しい」と関係者。先日、弥生賞を勝ったメイショウテンゲンが三浦Jで皐月賞に出走することが発表されたが、実はこれには、主戦の池添Jはサトノルークスで、500万勝ちの時に騎乗していた松山も「毎日杯を勝ってこの馬で皐月賞に向かいたい」と返答した裏事情。

対抗には、こちらも皐月賞出走にはここでの勝利が絶対条件となる【社台RH】の勝負馬ヴァンドギャルドを推奨。実はこの馬、当初は岩田康Jの騎乗が予定されており、1週前の稽古にも岩田康Jが跨っているのだが、それをルメールに変更しているように、関係者の勝負度合は相当なもの。「2走前はゴール前で致命的な不利。前走は馬場も合わなかったし、京都の下り坂でリズムを崩してしまった。阪神コースに替わるのは良いし、ここはこれまでの経験値を生かして勝ち切って欲しい」と関係者。



ここは【GIレーシング】の勝負馬エルリストンを穴で狙う。6歳にして今回が初ダートとなるが、関係者は「ダートならバケモノの可能性がある」とキッパリ。実際、北海道滞在時にダートでの追い切りでは、圧巻の動きを見せていた。「これまでに何度か鼻出血をした事がある馬で、稽古では手加減する面もあったが、この中間はビッシリと攻めることができた。イキナリ動けるデキにあるし、狙うなら一発目だよ」と関係者。

対抗には【NICKS】の勝負馬スワーヴアラミスを推奨。「ダートでは底を見せていないし、昇級の前走でクラスにメド。叩き2走目でジョッキーも2度目の今回は、キッチリ決めてくれるでしょう」と関係者。



ここは【ウイン】の勝負馬ウインイクシードを狙い撃つ。前走は勝負所で包まれて動くに動けず、直線でも前が壁になって追い出しが遅れる不完全燃焼の競馬。「中間は放牧を挟んでここ目標。休み明けでも状態は前回より上。この条件が一番合っているし、2走前のように前々で積極的に運べば勝ち負けになる」と関係者。

対抗には【近藤英子】オーナーの勝負馬イェッツトを推奨。「まだまだ馬は未完成だが、かなりの能力を持っている。過去2勝に京成杯でも僅差3着と中山二千はベストの舞台。昇級のここも通過点だと思っている」と関係者。



ここは【山田信太郎】オーナーの勝負馬バーニングペスカに確信の本命印。「休み明けになるが時間をかけてジックリ乗り込んできたのでイキナリから力を出せる仕上がり。出遅れた前走でも2着までこれたように馬も力をつけている。出遅れたのは恐らく間隔が詰まってテンションが上がってしまっていたのが原因。今回は意図的に間隔をあけて馬もリフレッシュしているので、キッチリ出ると思うよ」と関係者。

対抗には【ゴドルフィン】の勝負馬デザートストームを推奨。「初ダートの前走が、コチラの想像を上回る鮮やかな勝ちっぷり。揉まれずに運べる絶好枠も引けたし、前走の内容なら昇級でもイキナリから通用する」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【ダノックス】の勝負馬ダノンプレミアムに確信の本命印。ダービー後は爪の不安などもあり放牧に出されて完全休養。今回は9ヵ月半振りの実戦となるが、関係者は「先週の時点では少し重かったが、3日に跨ったら別馬のように素軽くなっていた。最終追い切りに跨った川田Jの感触も良かったし、完璧とまではいかないが、力を出せる状態には仕上がっている」とデキに太鼓判。

対抗には、4連勝でチャレンジCを制すなど、一気に素質が開花した【ラッキーF】の勝負馬エアウィンザーを推奨。今回はさらなる相手強化となるが、関係者は「2走前くらいから真面目に走るようになり、ここ2戦は完勝と言える内容。本格化した今ならこのメンバー相手でも勝負になると思うし、大阪杯が楽しみになるようなレースを見せて欲しい」と自信満々。



ここは【サンデーR】の勝負馬ルガールカルムの差し切り濃厚。前走のクロッカスSでは2着に敗れたが、スタートがひと息だった上に、いくら東京でも千四は短かった印象。「前走をひと叩きして状態は上向き。前走でオープンでもやれることは証明できたし、今回は新馬勝ちした舞台。重もこなしているので雨が降っても大丈夫」と関係者。

対抗には【シルクR】の勝負馬ユナカイトを抜擢。「前走は京都への輸送が堪えてしまった。その後はひと息入れて立て直し、体調は明らかに前走以上。オープンと言っても1勝馬同士だし、上手く捌ければ勝ち負けになっていい」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【金子真人】オーナーの勝負馬バニーテールに確信の本命印。「前走は直線で少し窮屈なところがあったからね。スムーズなら2着はあったと思う。放牧を挟んだが、前走ぐらいは走れる状態に仕上がっている。今回は牝馬限定戦だし普通に回ってくれば勝ち負けでしょう」と関係者。

対抗には、京都ご当地馬主【キーファーズ】の勝負馬グアンを抜擢。「前走後は放牧に出して立て直し。ここを目標に力を出せる仕上がり。クラス卒業のメドは立てているし、前々でスムーズに流れに乗れば」と関係者。



ここは【近藤利一】オーナーの勝負馬アドマイヤビクターの連勝濃厚。5ヶ月振りの前走が全くの大楽勝。休養前には、既に準OPを勝ち上がり東京大賞典でも5着に健闘したエイコーンを負かしているのだから昇級のカベはない。「逃げて最速の上がりをマークした前走は強い内容。前走でキッチリ仕上げていたので大きな上積みはないが、その分、久々を好走した反動もない。今回も単騎で行けそうな組み合わせだし、レパードSの時のような出遅れさえなければ、まず大丈夫」と関係者。

対抗には【石瀬浩三】オーナーの勝負馬デザートスネークを抜擢。これまで黛Jを起用し続けてきた陣営だが、前走の消極的な騎乗に堪忍袋の緒が切れ、今回は関東リーディングトップと好調な三浦Jにスイッチ。「切れない馬なのに前走はスローに落としすぎ。積極的な競馬から消耗戦に持ち込めば勝ち負けになる」と関係者。



いよいよ今週からは1回東京開催がスタート。その開幕週には、オーナーの地元開催に勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

東京ご当地馬主【天白泰司】オーナーの勝負馬テンワールドレイナも、関係者がオーナーの地元開催で勝利を期待している1頭。「休み明けの前走でプラス14キロと体がひと回り成長。差す競馬を覚えてレース振りも安定してきたし、中間も順調にきているので、今回も崩れる事はないと思う」と関係者。

対抗には【ゴドルフィン】の勝負馬ソロフレーズを推奨。昇級後は掲示板止まりのレースが続いているが、ここ2走の時計は十分にクラス突破レベル。「今回と同じ舞台だった2走前は、前行く2頭が直線で外へ外へと張り出し、その度に進路を取り直すロスがあってのもの。直線で上手に捌ければ勝ち負けまで持ち込める」と関係者。



ここは【吉田和子】オーナーの勝負馬ハニージェイドの差し切りに期待する。「前走は本当にカイ食いが悪く、関東への輸送も加わって大幅な馬体減。中間は放牧に出して体も戻している。テンに速い馬が揃った今回は展開も味方してくれるでしょう」と関係者。

対抗には【ウエストヒルズ】の勝負馬ヒロシゲゴールドを推奨。「ブリンカーをつけて先手を奪う競馬に転じたここ2戦で一変。特に前走の時計はオープンでも通用するもの。同型は確かに多いが、絶好枠も引けたし、スタートさえ決めれば昇級でも」と関係者。



昇級の前走でイキナリ2着とクラスにメドを立てた【吉澤克己】オーナーの勝負馬ヌーディーカラーに確信の本命印。「スタートさえ決まれば前走くらいやれて当然の馬。過去2勝している京都へのコース替わりもプラスだし、とにかく今回もスタートだけ。中間もキッチリ練習してきたのでキッチリ出ると思う」と関係者。チーク着用で安定感が増し、素質に体が追いついてきた今なら、まず崩れない。

対抗には【松本好隆】オーナーの勝負馬メイショウラケーテを抜擢。「降級してから500万を勝つのに時間がかかったが、昨年のこの時期には1000万で2戦連続2着がある。レースに幅が出てきたのは大きな収穫。引き続き状態も安定しているので、今回も好勝負になると思う」と関係者。



休み明けの前走では出遅れ響いて4着に敗れた【吉田和美】オーナーの勝負馬フィアーノロマーノの巻き返しに期待する。「中間はみっちりゲート練習をしてきたので、前走のような事はないと思う。春に現級を勝っている馬だし、叩き2走目の今回は、間違いなくパフォーマンスを上げられる」と関係者。阪神に居残り騎乗となる川田Jも『本日一番』に星勘定。

対抗には、ホープフルSにヴァンドギャルドを出走させている【社台RH】の『GI裏』の大ヤリ情報馬サプルマインドを抜擢。「休み明けの前走はプラス12キロが大誤算。あの敗戦でハンデが53キロになったのはラッキーだった。叩いて順当に良くなっているし、一発の可能性は十分にある」と関係者。



【土曜阪神7R】でナムラマルを対抗に抜擢。本命推奨したサトノシリウスとの『軸2頭マルチ』で【6万1750円的中】をお届けした馬主関係者のオススメが、オーナーの地元開催に勝利を義務づけられて出走する、阪神ご当地馬主【奈村信重】オーナーの勝負馬ナムラミラクル。追い込み決着となった前走の武蔵野Sでも、積極的な競馬から見せ場タップリの3着。「最近は左回りで結果を残しているが、決して右回りがダメなわけではない。短期放牧の効果で状態面も文句なし。今回はキッチリ勝って賞金を加算しておきたい」と関係者。

対抗には【社台RH】の勝負馬ユラノトを強調。「前走の武蔵野Sは鼻出血明け。それでも渋太く伸びて4着と重賞にもメド。当然、叩いた今回は前走以上のデキ。上積みや右回りなどを考えれば、ナムラを逆転できる」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【里見治】オーナーにとって今週は勝負週。有馬記念がラストランとなるサトノダイヤモンドの引退に花を添えるべく、多数の勝負馬が出走しているが、このサトノシリウスも、関係者が一発目から勝ち負けを期待している『GI裏』の大ヤリ情報馬。「未勝利戦を好時計で快勝し、格上挑戦だったプリンシパルSでもコンマ3秒差の競馬。勝ったコズミックフォースはダービー3着で、当時の2着馬と4着馬はすでに1000万を卒業している。その比較からしても、この馬にとって500万は通過点」と関係者。

対抗には、オーナーの地元開催に勝利を義務づけられて出走してきた、阪神ご当地馬主【奈村重信】オーナーの勝負馬ナムラマルを抜擢。「中1週続きだが疲れも見せずデキは安定している。切れる馬ではないので理想はハナ。それが叶いそうな今回は、前走以上にやれると思う」と関係者。



2016年のセレクトセールで1億3500万円の値がついた【里見治紀】オーナーの勝負馬サトノオンリーワンの出たトコ勝ちに期待する。未勝利を脱出するまでに9戦も要してしまっが、新馬戦ではステルヴィオとコンマ3秒差の接戦を演じた実力馬。「休み明けになるが、馬はボリュームアップして芯が入ってきた感じ。疲労が蓄積していた休む前より状態はいい。持てる能力を出し切れば、500万で足踏みするような馬ではない」と関係者。

対抗には【GIレーシング】の勝負馬タンタフエルサを推奨。「前走は4着に敗れたが、スタートで挟まれて位置取りが悪くなった上に、直線でも前が壁。それでも最後まで諦めず差を詰めていたようにブリンカーの効果は窺えた。中間の動きは更に良くなっているので、後はジョッキーの手腕に期待だね」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【シルクR】にとって今週は勝負週。看板馬プリモシーンのターコイズS出走に合わせ、平場&特別戦にも多数の有力馬を送り込んでいる。

前走で人気を裏切ったミトロジーも、関係者が巻き返しを誓っている勝負馬。「ゲートが安定しない面は相変わらずだが、この中間は非常に中身の濃い調教メニューを消化できている。2週連続で稽古をつけたアヴドゥラJも手応えを掴んでいるし、未勝利を快勝した舞台に戻る今回は、前走以上にやれると思う」と関係者。

対抗には、中山ご当地馬主【ダノックス】の勝負馬ダノンキングリーを推奨。「2ヶ月振りの実戦になるが、稽古に跨った戸崎Jから『デビューの時よりも随分と良くなっている』とのお墨付きも貰っているし、昇級でもイキナリから勝ち負けになる」と関係者。



南部杯とチャンピオンズCを制したルヴァンスレーヴに代表されるように、今年の3歳世代は芝だけでなくダート路線もハイレベル。メンバーの揃ったここも3歳馬を上位に取る。

本命には【小笹公也】オーナーの勝負馬テーオーエナジーを推奨。兵庫CSを制した際には『世代一番』との声も聞こえていた実力馬。日本ダービー挑戦からリズムを崩したが、前走のJBCクラシックでは復調を感じさせる走り。「前走は良化途上だったし展開も厳しかったが見せ場は作ったからね。その後は交流重賞なども考えたが、確実に賞金を加算するためにこのレースを選んだ。2着では意味がないので、何としても勝って欲しい」と関係者。

対抗には【中西忍】オーナーの勝負馬チュウワウィザードを抜擢。「先週のGIに挑戦するプランもあったくらいなので、久々でもキッチリ仕上がっている。どんな展開にも対応できる強味があるし、底も見せていないのでオープンに入っても楽しみ」と関係者。



前走の4着から前進を誓っているのが【シルクR】の勝負馬ルナステラ。その前走は、小回りの福島で出遅れた時点で万事休す。道中も外々を回らされるなどチグハグな競馬。「以前はよく熱発するなど体質が弱かったが、休養効果で体も増えて馬は良くなっている。叩き2走目で鞍上強化となる今回は、間違いなく前走以上にやれると思う」と関係者。

対抗には、阪神JFにレッドアネモスを出走させている【東京HR】の『GI裏』の大ヤリ情報馬レッドエクシードを推奨。「前走が4馬身差の大楽勝。しかも、当時2着のメラナイトが次走で未勝利を勝っているのだから価値がある。背腰がパンとして体質も強くなってきたし、この相手なら昇級でも」と関係者。



ソウルスターリング、メジャーエンブレム、アパパネ、ブエナビスタ、ウオッカなど、歴代の勝ち馬には名牝がズラリ。「阪神JFは翌年の牝馬クラシックの主演女優を選ぶレース」と言える。

来年の牝馬クラシックの主役候補は、次週の朝日杯FSで牡馬相手にGI制覇を狙うグアンアレグリアが最右翼だが、そのグランアレグリアに新馬戦でコンマ3秒差まで詰め寄った【ダノックス】の勝負馬ダノンファンタジーにも、主役を張るだけの資質は十分にある。

前述のように新馬戦ではグランアレグリアの後塵を拝したが、ポジショニングの差が勝敗を分けたのであって、あの2馬身差が、そのまま実力差と言うわけではない。しかも、走破時計の1分33秒9は、アルテミスSの勝ち時計とコンマ2秒差。それを6月の新馬戦で叩き出したのだから、能力に疑う余地はない。その後はプラス18キロとひと回り成長した馬体で未勝利戦を快勝すると、続くファンタジーSでは騎乗した川田の「次の事を考えて千四ではなく千六をイメージしてゆっくりとレースをした」との言葉どおり、中団でシッカリと脚をため、ラストは最速の上がりをマークし完勝。「カイ食いも良く体を維持できているので、予定どおりの調教メニューをこなすことができた。状態面に関しては不安なところが一切ない。グランアレグリアにリベンジを果たす為にも、こんなところで負けてはいられない」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【金子真人】オーナーの勝負馬ビーチサンバを抜擢。藤岡康から福永への乗り替わりには「最高の騎乗でワグネリアンをダービー制覇に導いた福永に、バースデーVを飾らせてやろう」という、オーナー&厩舎サイドの思惑も絡んでいるであろう事は、容易に想像がつく。「前走は早目に抜け出した分だけ最後に差されてしまったが、時計を大幅に短縮し一線級相手でも十分に戦えることを証明してくれた。中間の調整も上手くいったし、今回も上位争いは間違いないところ」と関係者。



4連覇をかけて目イチの勝負気配にあった中山ご当地馬主【林正道】オーナーの勝負馬アルバートの取消により、風雲急を告げたこのレース。ここは【辻牧場】の勝負馬リッジマンにとって重賞制覇の大チャンス。「札幌戦の後は余計なレースを使わず、ここ1本を目標にやってきた。夏を越して馬も成長しているし、何より口向きが良くなった事が大きい。長丁場特有のスタミナ比べになれば誰にも負けない自信がる」と関係者。

対抗には【近藤利一】オーナーの勝負馬アドマイヤエイカンを推奨。「札幌2歳Sを制してからは暫く低迷期が続いていたが、今年の1月に復帰してからは2400m以上で崩れ知らず。心肺機能が高く折り合いに面に不安がないので距離も大丈夫」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように、社台系1口クラブ【キャロットF】にとって今週は勝負週。看板馬レイデオロのチャレンジC出走に合わせ、平場&特別戦にも多数の勝負馬を送り込んでいるが、このトゥザフロンティアは、関係者が確勝を期して平場戦に出走させてきた大ヤリ情報馬。「当初は中京の特別戦も考えていたが、前走で騎乗したムーアの進言もあり最終的には千八のここを選択。ブリンカー+減量期用の今回は、もう負けられない」と関係者。

対抗には【中村徳也】オーナーの勝負馬ナンヨープランタンを推奨。「出遅れた前走でも上位とは差のない競馬。中間はゲート練習もしてきたし、スタートさえ5分なら逆転まで」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【シルクR】の勝負馬アーモンドアイに確信の本命印。「秋華賞を叩き台にして、ジャパンCで100%の仕上げ」は、関係者が当初から描いていた青写真。天皇賞・秋を快勝したレイデオロでさえ有馬記念に直行させ、土曜は京都で騎乗予定だったルメールを、万全を期して土曜から東京で騎乗させるなど、周囲の動きからも関係者の本気度は明らか。「先週と今週の動きを見ても分かるように、デビュー以来最高のデキに仕上がった。来年は世界一を目指している馬だし、53キロなら初の古馬相手でも負けられない」と関係者。

対抗には、毎日王冠・天皇賞[秋]と、使われるごとに内容が良化している、東京ご当地馬主【石川達絵】オーナーの勝負馬キセキを抜擢。秋3走目となる今回、さすがに上積みは厳しいと思われたが、関係者は「冗談抜きに前回より良い。と言う事は、菊花賞を勝った時よりも遥かに良いと言う事だよ」とキッパリ。「どんな展開にも対応できるのが大きな強味。他が行かなければ行っても良いし、番手からでも全く問題ない。後続に脚を使わせる先行策を秋の2戦で徹底してきたのはココへの布石。差し比べでは分が悪いが、直線を向いた時点で後続と5馬身くらいのリードがあれば勝機もある。もちろん、ジョッキーもそういう競馬をしてくれるでしょう」と関係者。

多くの陣営がアーモンドアイに対し白旗を揚げる中で、この陣営だけは本気で逆転まで目指している。



前走の萩Sで、放馬による疲労の為に出走取消となった、京都ご当地馬主【前田幸治】オーナーの勝負馬ブレイキングドーンに確信の本命印。今回はその影響が気になるところだが、関係者によれば「出そうと思えば出走できたレベル。取り消しの影響がないどころか、ひと息入れた効果で馬はかなり良くなっている」との話。某関係者からは「どんな馬が相手でも負ける気がしない」との衝撃発言も。

【前田幸治】オーナー率いる【ノースヒルズ軍団】は、同馬の他にも京阪杯に出走するグレイトチャーターを筆頭に土日合計14頭出しと大ヤリ態勢。特に今年のラストウィークとなる地元・京都開催には、多数の勝負馬を多数送り込んでいる。

対抗には、札幌2歳S3着から巻き返しを狙っている【キャロットF】の勝負馬クラージュゲリエを推奨。前走の勝ち馬ニシノデイジーは先週の東スポ杯2歳Sで重賞連勝を飾っており、クビ差+クビ差の3着なら悲観する内容ではない。「先週の追い切りではかなり行きたがっていたが、今週は折り合いもついていた。当日も落ち着いて臨めれば勝ち負けになると思う」と関係者。





神戸新聞杯で最速の上がりをマークしダービー馬を半馬身差まで追い詰めた【GリビエールR】の勝負馬エタリオウに確信の本命印。「前走は普通ならとても届かないような位置からよく追い上げた。入れ込むタイプではないので距離延長に不安はないし、前走をひと叩きして、この馬なりに素軽さも出てきたので、好勝負は間違いないところ」と関係者。

対抗には、本命推奨した前走の阿賀野川特別で馬連&馬単W的中をお届けした【金子真人】オーナーの勝負馬ユーキャンスマイルを抜擢。その後は早々に武豊を確保し、トライアルは挟まずにここ1本で調整。「稽古ではエタリオウに先着と文句ない動き。以前は右回りだとモタれるところもあったが、トモに力がついたことでそれも解消。阿賀野川特別を勝って菊花賞は、昨年3着だったポポカテペトルと同じローテだが、昨年以上にやれる手応えはある」と関係者。



マイルCSに3頭の管理馬を出走させている池江寿厩舎の関係者から『今週一番』の声も聞こえてきたのが【キャロットF】の勝負馬トゥザフロンティア。総額1億円で募集されたクラブ期待の馬だけに、いつまでも500万条件で足踏みしていられない裏事情。「休み明けの前走は勝ち馬が強すぎただけで、この馬もシッカリ走っている。叩いて順当に良くなっているし、今回はキッチリ決めて欲しい」と関係者。

対抗には、在厩馬7頭中3頭を出走させている、今週の影の勝負馬主【原禮子】オーナーの勝負馬オメガラヴィサンを推奨。「稽古の動きなら厩舎でも一番。コイツは間違いなくオープンまで行ける馬。久々でも力は出せる仕上がりにあるので、一発目から勝負だよ」と関係者。





週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【原禮子】オーナーの勝負馬オメガパフュームに確信の本命印。「ここ2走は馬込みでも我慢できているように、一戦毎に成長を見せている。前走のダメージも少なく状態は文句のつけようがない。いい枠も引けたし、前走のように和田Jが自信を持って乗ってくれれば結果はついてくる」と関係者。

対抗には、シリウスS3着から前進を目指している【松岡隆雄】オーナーの勝負馬サンライズソアを推奨。「前走の上位馬とは斤量差もあったし、外枠スタートから先行するまでに脚を使ってしまったのが最後に響いた形。叩き2走目でジョッキーも2度目。重賞勝ちのある舞台に替わり内目の絶好枠となれば、前走以上は間違いないでしょう」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している社台系クラブ【サンデーR】の勝負馬アエロリットに確信の本命印。春はヴィクトリアM4着に安田記念2着と、後一歩のところでGI制覇には手が届かなかったが「ともに落鉄してのもの」と言うのだから恐れ入る。「稽古の動きからも具合の良さが伝わってくる。同じ休み明けでも中山記念2着の時とは雲泥の差。前に行って粘り込むレーススタイルはモレイラにピッタリだし、東京の開幕週で単騎となれば結果はひとつでしょう」と関係者。

対抗も【サンデーR】の勝負馬ステルヴィオを推奨。距離の長かった皐月賞とダービーでは敗れたが、1800m以下なら世代トップクラスの実力。「体重はあまり変わっていないかも知れないが、馬体に幅が出て確かな成長を感じさせる。今週の稽古でキッチリ仕上がったし、久々の方が走るタイプ。スタートで大きく出遅れなければ、古馬相手でも勝ち負けになる」と関係者。



いよいよ今週からは秋の京都開催が開幕。その開幕週には、オーナーの地元開催に勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

土曜の京都11Rでは、京都ご当地馬主【中西浩一】オーナーの勝負馬アイアンテーラーに確信の本命印を打ち【馬連1点・1570円的中】をお届けしたが、京都ご当地馬主と言って忘れてならないのが【前田幸治】オーナー率いるノースヒルズ軍団。今週は看板馬クリンチャーが凱旋門賞に出走するため、国内での出走は控え目だが、このビッグアイランドは、関係者がオーナーの地元開催で勝利を目指している大ヤリ情報馬。「左回りだった前走では外に張ってしまい、行きっぷりも悪く全く競馬にならなかった。その後は放牧に出して立て直し、現級勝ちのあるこの舞台を目標にやってきた。2走前にはオメガパヒュームとコンマ2秒差の競馬。休み明けも苦にしないし、揉まれない大外枠を引けた今回は一変の競馬を見せられる」と関係者。

対抗には【三田昌宏】オーナーの勝負馬トワイライトタイムを推奨。「まだレースに集中しきれていない面があったりと若さを残すが、能力は上のクラスでも通用するものがある。今回は馬具も工夫したし、物見をしながら未勝利を圧勝したこの舞台なら、前走以上にやれると思う」と関係者。



いよいよ今週からは秋の東京開催が開幕。その開幕週には、オーナーの地元開催に勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

銀座に本社を構える『リンクアンドモチベーション』の会長を務める【小笹芳央】オーナーは、所属こそ中山馬主協会だが、バリバリの東京ご当地馬主。そして、関係者がオーナーの地元開催で勝利を目指している大ヤリ情報馬がホウオウジャッジ。昇級後はまだ馬券に絡んでいないが、チークピーシズを着用した前走は好位追走から渋太く脚を伸ばしコンマ3秒差とその効果は絶大。まだ伸びシロの見込める3歳馬で、キッカケを掴んだタイミングでルメール騎手への超鞍上強化となれば前進あるのみ。「ひと叩きして状態は確実に良くなっている。東京で能力を出し切れば勝ち負けになっていい」と関係者。

対抗には【千明牧場】の勝負馬タイガーヴォーグを推奨。中山ダート1200mは若干忙しかったが、それでも勝ち負けしているのが能力の高さ。今回はベストの東京ダート1300mで、かつ減量が利き手の合う武藤Jへスイッチ。「引き続き順調にきているし、東京コースに替わるのもプラス材料。これは何とかしたい」と関係者。



いよいよ今週からは秋の京都開催が開幕。その開幕週には、オーナーの地元開催に勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

京都市内で本業を営む京都ご当地馬主【中西浩一】オーナーの勝負馬アイアンテーラーも、関係者がオーナーの地元開催で勝利を目指している大ヤリ情報馬。「2ヶ月振りの前走は、休み明けの分だけ最後の粘りを欠いたが、叩き2走目で直線が平坦な京都に替わる今回は前走以上にやれると思う」と関係者。

対抗には、先週のスプリンターズSをファインニードルで制し勢いに乗る【ゴドルフィン】の勝負馬ファッショニスタを推奨。「掛かる馬ではないので距離延長は心配ない。勝てばJBCレディクラシックも見えてくるので、何とか結果を出して欲しい」と関係者。



前走では直線で前がカベになって完全に脚を余した、社台系クラブ【GIレーシング】の勝負馬レジーナドーロの巻き返しに期待する。「普通なら中山マイルの大外枠は不利だが、他馬を怖がる面が残っているコイツにとってはプラス材料。前走からひと息入れたが、その効果で馬もひと回り成長。血統的に道悪も得意だと思うので、勝ち負けになるでしょう」と関係者。

対抗には【天白泰司】オーナーの勝負馬テンワールドレイナを推奨。次週からお膝元の東京開催がスタートするにも関わらず、中山マイルを使ってきたのはその適性を重視したからこそ。「この舞台で崩れたのは格上挑戦だったアネモネSだけ。前走ではじめて騎乗した戸崎Jの評価も高く、連続騎乗となる今回は前進こそあれ後退なし」と関係者。



4回中山開催も今週がラストウィーク。次は12月まで開催がないだけに、今週の中山開催には、勝利を義務づけられて出走する『地元馬主』絡みの勝負馬が複数スタンバイしている。

中山馬主協会の重鎮【大城敬三】オーナーの勝負馬ダイワスキャンプも、関係者がオーナーの地元開催で勝利を目指している1頭。「中山に戻った前走はクビの上げ下げで2着と勝ちに等しい競馬。この相手なら時計面でも抜けているし、今度は勝ってくれるでしょう」と関係者。

対抗には、社台系クラブ【サンデーR】の勝負馬オーヴァーライトを推奨。初古馬相手の前走は7着も、夏場で体調が本物ではなかったとのこと。立て直して体調は上向いており「今週の動きも良かったし、勝っている中山に替わるのもプラス。今度は勝ち負けになると思う」と関係者。1200m以下では底割れしておらず、スンナリ流れに乗れば一変は十分。



【9/23・阪神7R】

週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【ラッキーF】の勝負馬エアアルマスに確信の本命印。未勝利快勝後に臨むはずだったシンザン記念で出走取消となり、そこからリズムを崩して春は結果を残せなかったが、夏の放牧効果で心身ともにリフレッシュ。「休み明けでも春とは比較にならないくらい状態は良い。古馬相手の大外枠でも、まとめて差し切るだけの力は持っている」と関係者。

対抗にも【今週の注目馬主】に推奨している【金子真人】オーナーの勝負馬チトニアを推奨。「上のクラスでも掲示板を争っていた実力馬。キッチリ稽古を積んで体はデキているし、気性的にも久々の方が良いタイプ」と関係者。



日曜の中山12Rとの両睨みだった【ミルファーム】の勝負馬ドリュウがこちらを選択。もちろん相手関係を吟味して勝てると踏んだからこそ。決め手が武器で東京向きの印象が強いが、関係者によると「ジックリと構えて乗っても、東京だとあと一歩になってしまう」とのこと。続けて「むしろ中山で早めに仕掛けて押し切る形がいい。丁度、坂を上がってエンジン全開になるイメージ。今度は勝ち切ってくれるでしょう」と期待十分。

相手には【永井商事】の勝負馬スリーミニオンを強調。今春は結果が出なかったが、実は挫石などで順調さを欠いていたため。それが今期は至極順調で、久々を叩いた前走は好時計で2馬身差の楽勝。「あれが本当の姿だし引き続き順調。古馬相手でも差のない競馬できますよ」と関係者。メンバー的にも先行馬が手薄で、スンナリ流れに乗れば残り目十分。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【金子真人】オーナーの勝負馬ジョニーズララバイに確信の本命印。デビュー戦はクビ差の辛勝だが、並ばれてから抜かせない勝負根性を披露。「その後は放牧に出してリフレッシュ。今週の追い切りは遅れたが、相手はダンビュライトだから仕方がない。新馬の時より馬は確実にレベルアップしているし、オープンのここでも不安より期待が大きい」と関係者。

対抗には【村上稔】オーナーの勝負馬ジュランビルを推奨。「デビュー戦では3角で寄られて後退する大きな不利。そこから盛り返して勝つのだから並の馬ではない。幸いダメージは少なく状態も良いので、勝って賞金を加算したい」と関係者。



“オメガ”の冠でお馴染み【原禮子】オーナーの勝負馬オメガドラクロワ。堀厩舎が中山ダート2400mを狙ってきたとなれば、2ヶ月ぶりでも仕上げにも抜かりなし。「ブリンカーを外した前走で同距離を楽勝したように精神面の成長が顕著。ここに合わせてシッカリと調整してきたので状態もいいし、今の感じならクラスが上がっても勝ち負けになる」と関係者。

対抗には、先週に続き今週も3日で24頭と大攻勢をかけている【松本好雄】オーナーの勝負馬メイショウマトイを推奨。関西馬にも関わらず阪神ではなく中山、それも連闘で使うのは、ダート2400mという年に数鞍しかない特殊な番組を狙っていたからこそ。その証拠に「実は、調教師自ら、横山典Jに騎乗を打診したらしい」との裏ネタあり。



2走前のアイビスSDでも確信の本命印を打ち、対抗に抜擢したダイメイプリンセスとの決着で【馬連1点・1020円的中】をお届けしたのが【増田陽一】オーナーの勝負馬ラブカンプー。G2のココを勝てば、サマースプリントシリーズの優勝も手にできるとあって関係者も目イチの構え。「アイビスSD後は少し疲れが出て、前走は状態もひと息だったが、この中間はそんな様子もなくデキは前走以上。この枠からならハナもしくは番手からスンナリした競馬ができるだろうし、よほど重馬場が下手でない限り勝ち負けになると思う」と関係者。

対抗には【ゴドルフィン】の勝負馬ファインニードルを推奨。「この後にスプリンターズSと香港が控えているのでトライアル仕様であるのは確かだが、さすがにここは相手が弱すぎる。たとえデキ8分でも、恥ずかしい競馬にはならないよ」と関係者。



フラワーC3着に、フローラS3着と、春はあと一歩のところでクラシック出走が叶わなかった、中山ご当地馬主【池谷誠一】オーナーの勝負馬ノームコアに確信の本命印。賞金だけでは秋華賞出走が微妙なラインだけに、是が非でも3着以内は確保したいところ。秋華賞ではアーモンドアイに騎乗する事が決まっているルメールをピンポイントで起用している事からも、このレースに対する勝負度合の高さが窺える。「春に無理をしなかった甲斐があり、夏を越して体がしっかりしてきた。同じ休み明けでも、フラワーCの時より具合は良いし、何としても権利を取って本番に向かいたい」と関係者。

対抗には「春の実績ではメンバー中随一」と言える【落合幸弘】オーナーの勝負馬マウレアを推奨。二冠馬アーモンドアイを筆頭にクラシックの上位馬がこぞって不在となれば、ここは取りこぼせないところ。「目標は次なので目一杯には仕上げていないが、時間をかけてジックリ乗り込んできたので力は出せる仕上がり。距離も2000m前後が一番良いと思っているし、トライアルとは言え、このメンバー相手に無様な競馬はできないよ」と関係者。



1年5ヶ月もの長期休養があり出世が遅れていた、中山ご当地馬主【野田みづき】オーナーの勝負馬ミッキーグローリーにとって、ここは初重賞制覇の大チャンス。「540キロを超える大型馬だが、休み明けでもキッチリ仕上がっている。前走が早目に動いて先行馬を捻じ伏せる強い内容。道中で上手く脚をためられれば、この相手でも勝負になる」と関係者。

ここを勝てば初重賞制覇に加え、サマーマイルのチャンピオンが確定するのが、中山ご当地馬主【青山洋一】オーナーの勝負馬ワントゥワン。中京記念では直線で不利もあり5着に敗れたが、前走の関屋記念では2着と巻き返し。「うるさい面がなくなり落ち着きが出てきた。夏3走目でもデキ落ちはないし、前がやり合う展開になれば、まとめて差し切るシーンまで」と関係者。

休み明けだった前走の中京記念で2着と地力を証明したのが、中山ご当地馬主【久米田正明】オーナーの勝負馬ロジクライ。1&3着馬が直線一気の競馬だったのに対し、この馬は4番手追走から一旦先頭の好内容。「前走後はここ目標に至って順調。1週前には坂路で50秒7の好時計を叩き出し、今週の稽古でも豪快な動き。良い枠も引けたし、中山の開幕週なら積極的な競馬で押し切れる」と関係者。



ここは、中山ご当地馬主【橋口】の勝負馬フレッチアの3連勝に期待する。「まだ体質が弱く休み休みでしか使えないが、前走の勝ちっぷりを見ても分かるように、コイツはまだまだ上を目指せる馬。前走後に反動が出たので中間は放牧に出して立て直し。さすがに完璧とまではいかないが、力は出せる仕上がりにある」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【社台オーナーズ】の勝負馬サロニカを推奨。「前走は先行してコーナーで外に膨れてしまう不本意な競馬。その分だけ最後は苦しくなって失速。今回は使っての上積みもあるし、実績のある距離に戻ってジョッキーも2度目。上手く折り合えば勝ち負けになっていい」と関係者。



【窪田康志】オーナーの勝負馬フォーハンドレッドは、前走で5馬身差の圧勝。しかも1分44秒7の勝ち時計は翌日の1000万特別をコンマ8秒上回ったのだから昇級の壁はない。手綱を託された藤岡康騎手も勝ち星計算に入れており、関係者も「使って状態は更に上向いているし、好位でスムーズに競馬ができればイキナリからやれていい」と一発通過の構え。

対抗には“タガノ”の冠でお馴染み【八木良司】オーナーの勝負馬タガノヴェローナを推奨。滞在中は厩舎の腕利きが担当し、目下2戦連続2着と抜群の安定感。「ここ2戦は相手が強かったけど、渋太く脚を使ってくれているし札幌は合っている。いい状態をキープしているので、最後は決めたいね」と関係者。



新馬戦を勝った後は勝ち切れないレースが続いているが、フィエールマンにダノンマジェスティなど、かなり強力な相手だったことも確か。骨折明けになるが、中間は併せ馬を何本も消化し、最終追い切りでは土曜の準OPを勝ったレッドジェノヴァと同入と仕上がりは万全」と、関係者が出たトコ勝ちを狙っている【山本英俊】オーナーの勝負馬ライラックカラーに確信の本命印。切れ負けしていた春のレース内容から、洋芝に替わるのもプラス材料。

対抗には【猪熊広次】オーナーの勝負馬デルタバローズを推奨。「休み明けの前走は、かなり入れ込んでいて自爆してしまったが、滞在2戦目の今回は落ち着きも出てきたし、パンパンの良馬場よりは力の要る馬場が得意なので、今回は一変すると思うよ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【金子真人】オーナーにとって今週は勝負週。土曜の新潟11Rではポポカテペトルが情報通りに快勝し、サーフィンサファリ(新潟3R)とバニーテール(札幌9R)が2着に健闘。「出走馬8頭全てが勝ち負け」とコンテンツ内で記したとおり、4頭中3頭が馬券に絡む活躍を見せたが、何と言っても『今週一番』は、札幌記念で完全復活を目指す2016年のダービー馬マカヒキ

JCの後に骨折が判明し9ヶ月ぶりの実戦になるが、栗東でも乗っているし7月20日に函館入りしてからはピッチを上げて調整。そして、ルメールを乗せた札幌での最終追い切りで完全にスイッチが入った。このメンバーに入っても格では一枚も二枚も上。秋のGI戦線に向け負けられない」と関係者。

対抗には「敗れはしたものの、8枠から出して行った安田記念で掛からなかったのは収穫。折り合い面に進境を見せている今なら距離もこなせると思う」と、中距離戦線に挑戦してきた【GIレーシング】の勝負馬サングレーザーを推奨。同馬の出走に合わせ土日合計12頭出ししていることからも、クラブ側の本気度が窺える。

久々は苦にしないタイプだし、今回も休む前と同じ480キロ台で出られるほどキッチリ仕上がっている。放牧先ではコーナー4つの2000mをこなせるようなメニューをこなしてきたし、スワンS勝ちがあるように重馬場も得意。ホープフルSで5着に負けた時とは馬が違う」と関係者。Hペース必至のメンバー構成となった今回、インでジックリ脚をためて、直線で前がつまらなければ、一発の可能性も十分。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【金子真人】オーナーにとって今週は勝負週。土曜の新潟11Rではポポカテペトルが情報通りに快勝し、サーフィンサファリ(新潟3R)とバニーテール(札幌9R)が2着に健闘。「出走馬8頭全てが勝ち負け」とコンテンツ内で記したとおり、4頭中3頭が馬券に絡む活躍を見せた。

そして、このレースにも有力馬2頭を送り込んでいるが、関係者から「ここをキッチリ勝って菊花賞を目指したい」との声が聞こえているユーキャンスマイルに確信の本命印。「右回りだと内にモタれるとこがあるので、左回りに替わるのはプラス。休養前の2走は重賞で僅差の競馬。1000万なら古馬相手でも」とイキナリからの構え。

対抗には、前走で本命推奨し【馬連680円&馬単1810円】のダブル1点的中をお届けしたダブルフラットを強調。「ひと夏を越してプラス16キロと、体が成長した前走で圧巻のレコード勝ち。余力がある勝ち方で反動もなかったので中1週でも大丈夫。前走と同じ舞台でこのメンバーなら昇級でも」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【KTレーシング】にとって今週は勝負週。その中でも一番の目玉は、小倉大賞典以来となる重賞2勝目を狙うトリオンフ。前走の鳴尾記念でも本命推奨し、対抗に抜擢したストロングタイタンとの決着で【馬連1点・860円的中】をお届けしたのは、会員様の記憶にも新しいところ。その後は得意の小倉での雪辱を誓いココまで待機。「長目からシッカリ追った1週前の稽古でホボ仕上がっていたので、今週は坂路でサラッと流した程度だが、ジョッキーの感触は上々。小倉大賞典を勝った時と同じくらいのデキにある」と関係者。

対抗には【里見治】オーナーの勝負馬サトノクロニクルを推奨。「コーナー4つの2000mは重賞を勝ったチャレンジCと同じ条件。ココを勝つつもりでキッチリ仕上げたし、久々の方が走る傾向にもあるのでイキナリから」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【金子真人】オーナーにとって今週は勝負週。看板馬グレートタイムのユニコーンS出走に合わせ、平場&特別戦にも複数の勝負馬をスタンバイさせている。

その中でも、このダブルフラットは、関係者が前走の殿負けから巻き返しを誓っている『重賞裏』の大ヤリ情報馬。「自分の形に持ち込めなかった青葉賞は全くの参考外。今回は自己条件に戻るし、この絶好枠。スパッと切れるタイプではないが、渋太さが身上の馬なので内回りもピッタリ。スタートを決めて積極的に運べば勝ち負けになる」と関係者。

対抗には【GIレーシング】の勝負馬リビーリングを推奨。「前走後は放牧を挟んでココを目標にやってきた。前走の勝ち馬グロンディオーズは土曜に1000万を3馬身差で楽勝。となればコイツの結果は分かるでしょう」と関係者。



これまで52キロ未満の騎乗依頼は受けてこなかったデムーロが、初めて51キロでの依頼を受けた【増田陽一】オーナーの勝負馬ラブカンプー。葵S2着後は福島で復帰の予定だったが、体が戻りきっていなかったこともあり、無理せずココまでジックリ待機。「最終追い切りでは遅れたが、ダイメイプリンセスを追いかけてのものだけに仕方がない。千二では崩れた事がないようにスプリント適性は高く、古馬相手でも51キロならスピードで圧倒できる」と関係者。

対抗には【宮本孝一】オーナーの勝負馬ダイメイプリンセスを推奨。「CBC賞を叩いてここ目標は、当初からの予定どおり。千二ではどうしても最後に甘くなるが、直千競馬では走りが違う」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【社台RH】にとって今週は勝負週。『2018年度・新規募集馬』の販売促進の意味も含め、勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

オープンから2階級降級となるヴゼットジョリーも、関係者が星勘定している1頭。「桜花賞と秋華賞ではGIの厚い壁に跳ね返されたが、それ以外ではオープンでも常に差のない競馬。休み明けでもキッチリ仕上がっているし、今回は新潟2歳S勝ち以来となる、ベストの左回りのマイル戦。1000万からの再出発となるココは一発で決めてもらわないと」と関係者。

対抗には、同じく【今週の注目馬主】に推奨している【シルクR】の勝負馬ダイアトニックを推奨。「新馬で負かしたカンタービレはその後に重賞勝ち。出負けした2戦目こそ4着に敗れたが、前走が3馬身差の大楽勝。能力的には、ここも通過点」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【島川隆哉】オーナーにとって今週は勝負週。土日合計9頭の所属馬を出走させるなど「セレクトセールの資金をレース賞金で稼ごう」という思惑が見え隠れ。

もちろん、このハイランドピークも関係者が連勝を期待して送り込んできた1頭。函館ダート1700Mは勝っている舞台で、ハンデも前回から2キロ減る手頃な55キロ。再昇級でもこの相手なら力は互角以上。「前回が差す形の競馬と脚質に幅が出ましたが、今回は行く予定。スムーズならぶっちぎりまであるかも」と関係者。

対抗には【社台RH】の勝負馬ユラノトを推奨。セレクトセールには社台ファームの生産馬も多数上場を予定しており、ここで好走すれば“社台ファームの馬は走る”と好印象を与えられるというもの。函館開幕前に入厩して熱心に攻められて仕上がりは万全。「輸送も上手くクリアしてその後の気配は文句なし。先々へ向けて賞金を加算しておきたい」と関係者。



前走でも本命推奨し的中馬券をお届けしたのが【居城寿与】オーナーの勝負馬ゴールドブラッド。その前走では勝ち馬に3馬身半もの差をつけられてしまったが、直線でスムーズに抜け出した勝ち馬に対し、コチラはウチでゴチャつき、勝ち馬に前を塞がれ外に持ち出すロスがあってのもの。「前走は勝ち馬と斤量差もあったし、決してスムーズな競馬ではなかったからね。中1週でもデキはキープしているし、今回はキッチリ決める」と関係者。

対抗には【河合純二】オーナーの勝負馬ジュンスターホースを推奨。前走は逃げた馬がそのまま残る展開を、出遅れながら直線で猛然と追い込んでの3着。しかも、ひとクラス上での競馬。「前走をひと叩きして型通り良くなっている。500万に降級するここは取りこぼせない」と関係者。



【仲山誉志夫】オーナーの勝負馬ヨシオの勝機。逃げ切り勝ちを収めた前走の走破時計1分52秒1は、同開催のマーチSと同タイムという優秀さ。オープンへ昇級しても壁はなく「放牧でリフレッシュして気配は上々。小回り1700Mはベストだと思うし、スンナリ行ければ粘り込んでいい」と関係者。先行馬が少なく単騎逃げ濃厚な組み合わせとなったここは前走の再現も十分。

対抗には、2頭の持ち馬がともに土曜の函館へ出走する【三浦大輔】オーナーのリーゼントロックを推奨。前走は東京で大敗を喫したが「3歳時にトモを骨折した影響で左回りは合わなかった」と関係者。続けて「精神的にもドッシリしてきたし、小回りの右回りに替われば前走のようなことはない。流れに乗って運べればまだまだやれる」とキッパリ。



3回東京開催も今週がラストウィーク。次は10月まで開催がないだけに、今週の東京開催には『地元馬主絡み』の大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

東京ご当地馬主【多田信尊】オーナーの勝負馬マリームーンも、関係者がオーナーの地元開催で勝利を目指している1頭。「1枠1番からスタートがイマイチだった前走は、道中でバランスを崩すアクシデントが痛かった。それでも直線では一旦先頭のシーン。休み明けをひと叩きした上積みもあるし、オールダートで外枠を引けた今回は前進あるのみ」と関係者。

対抗には、看板馬の宝塚記念出走に合わせ大攻勢をかけている【サンデーR】の勝負馬シャープシューターを推奨。「中央出戻り緒戦でマークした勝ち時計は同日の1000万を上回る優秀なもの。前走も強すぎた勝ち馬には離されたが2着とはコンマ2秒の競馬。500万に降級する今回、最低でも2着は外せない」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【GIレーシング】にとって今週は勝負週。6月4日より受付がスタートした『2018年度募集馬』の販売促進の意味も含め、勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

【土曜函館10R】ではマスターコードが9人気で1着と穴をあけ、日曜は一挙9頭が出走するが、一番の目玉は文句なしにルヴァンスレーヴ。「最終追い切りでは稽古駆けする古馬に遅れたが、そもそも右回りのウッドでは動かない馬。前走時はもちろん、全日本2歳優駿を勝った時より状態は良い。このまま無事に育てはGIを狙える器。ここをキッチリ勝って出世街道を歩みたい」と関係者。

対抗には、コチラも【今週の注目馬主】に推奨している【金子真人】オーナーの勝負馬グレートタイムを推奨。「前走の2着は直前の乗り替わりが全て。レースを観ればどの馬が強かったかは一目瞭然。2走前の東京戦では連闘で体が減って力を出し切れなかったが、今回は臨戦過程も違うし勝ち負けになると思う」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【松岡隆雄】オーナーにとって今週は勝負週。土日合計7頭の所有馬が出走しているが、その中でも一番はサンライズノヴァだろう。ここ2走は58キロの酷量を背負って連続2着。スタートが悪く追い込み一辺倒だがその末脚は強烈。「東京で崩れたのは、初の古馬対戦で若さを出してしまった昨年の武蔵野Sのみ。府中のマイルは、ユニコーンS勝ちにフェブラリーSでも4着と、力をフルに発揮できる舞台。好調を維持しているし、今度こそまとめて差し切って欲しい」と関係者。



クラス再編成により、今週から3歳馬と降級4歳馬が入り混じっての競馬となるが、土曜は東西で5勝をマークと3歳馬の活躍が目立っていた。その中でも軽量の逃げ馬は特に有利。このような傾向も加味し、ここは【ヒダカBU】の勝負馬ボードウォークの逃げ切りに期待する。「まだ安心はできないが、気難しい面がかなり解消されてきた。それに、食べたものが実になって、体が増えてきているのもいい傾向。枠も枠だし、揉まれると嫌がるとこがあるので、今回は逃げてもらう予定」と関係者。



ここは【KTレーシング】の勝負馬トリオンフで仕方なし。2月の小倉で初重賞制覇を飾るとGIの大阪杯でも見せ場。瞬発力勝負となった前走の新潟大賞典4着も大健闘の部類。鞍上が今期1勝と不振にあえぐ松田であった事を考慮すれば尚更。別定56キロでルメールを配し、瞬発力よりは持久力が求められる阪神内回りの2000mが舞台となれば、無理に逆らう必要なし。「前走はハンデも見込まれたし、スローからヨーイドンの競馬では厳しかった。その後はここ目標に思い通りの調整ができた。展開も向きそうだし、まず大丈夫」と関係者。



「馬主情報なら全てのレースを100%的中させられる」とは言いませんが、馬主の勝負に便乗した方が「間違いなく儲けられる筈!」と自信を持って断言します。

「買い」情報を配信して欲しいメールアドレスを入力し、【情報無料入手】のボタンを押して下さい。